Access

最終更新日と初回投稿日をカンタンに管理する方法

記事の最終更新日

前回までのコラムでクリック率(CTR)を高めるための以下2つの施策をお伝えしました。

  1. クリックしたくなる文言にすること
  2. 最新の情報に更新すること

今回は②の最終更新日を管理把握しておくことが大切、というお話をします。
 
記事ごとの最終更新日を管理するために、初回投稿日、記事タイトル、記事URL、キーワードと一緒にExcelやGoogleスプレッドシートにまとめておきます。

ですが、記事数が多いサイトではこの一覧表をイチから作成して管理するのはなかなか大変だと思います。

そこで、弊社のやり方をご紹介します。
 
弊社では「Last Modified Timestamp」というプラグインでこれを管理しています。

このプラグインは日本語対応していないのですが、使い方は「有効化」するだけです。

初回投稿日と最終更新日

有効化するだけでWordPressの管理画面で最終更新日が一覧できるので便利です。

ご参考まで。